刺青除去の方法について

subpage01

日本では奈良時代の頃から懲罰のために刺青を行う風習があったそうです。


江戸時代になると罪人に刺青をすることが通例となりました。
これらの歴史が刺青に対してマイナーなイメージを与え、現代においてもそれは継続しています。


刺青は皮膚に傷を付けその傷に墨汁や朱・酸化鉄などの色素で着色し、文字や絵柄を皮膚表面に施すものです。

一度刺青をすると生涯消えることはありません。


身体に傷を付ける痛みに我慢することがある種のステータスになり、暴力団関係者の間では刺青をする人が多くいます。一般の人にとっては良いイメージのないものですが、若者の中には、単なる興味から刺青を入れてしまう人がいます。一生消えることの無い傷であることを、その時には意識してはいないのでしょう。ですが、結婚や出産を機に、身体に入れてしまった刺青を後悔する人は非常に多いそうです。



刺青除去のために皮膚科を訪れる人が後を絶たないと聞いたことがあります。刺青除去の方法は、大きく4つあります。



刺青が比較的小さく黒や青色一色などの場合に適した方法で、色の濃い箇所に反応するレーザーを照射する方法です。一度の施術では効果がありませんが、繰り返しレーザーを使用することで徐々に色が薄くなっていきます。


この方法は皮膚にメスを入れるものではありませんが、これ以外の3つの方法「切除縫縮」、「剥削」、「皮膚移植」は、皮膚にメスを入れる大きな手術が必要になります。



それも、刺青の大きさによっては何度も手術を繰り返さなければいけない刺青除去法です。
痛みを伴い、それでももとの健康な皮膚に戻ることはなく、大きな傷跡が残ります。


刺青をする時には大きな後悔をすることを覚悟しなければいけませんね。